実はまったく別物!もずくとめかぶの違いについて栄養面などから解説

よく混同されている「もずく」と「めかぶ」の違いについて、海藻の種類、食感、栄養などの視点から解説しています。また「どちらがおすすめなのか」についても紹介しています。

夏場にスーパーなどでよく見かけられる「もずく」ですが、よく似た食品である「めかぶ」との違いをご存知でしょうか。実際のところほとんどの方は違いを知らず、混同されていることが多いです。しかし食品として「もずく」と「めかぶ」はまったく別物です。そこで今回はそんな「もずく」と「めかぶ」の違いについて詳しく紹介していきます。

「もずく」と「めかぶ」の違い

「もずく」と「めかぶ」の違いとして挙げられる中でも、主なものは
・「もずく」と「めかぶ」では海藻の種類が違う
・「もずく」と「めかぶ」では味わいや食感が違う
・「もずく」と「めかぶ」では栄養成分に違いがある
・「もずく」と「めかぶ」では値段と賞味期限に違いがある
以上4つです。順に紹介していきます。

「もずく」と「めかぶ」では海藻の種類が違う

まず「もずく」と「めかぶ」は海藻という同じくくりに属しているうえ、その見た目が非常に似ているため、混同されやすいですがそれぞれ「全く別の種類の海藻」です。まず「もずく」はモズク科、ナマガツモ科という部類に属す「海藻の総称」です。そのため「もずく」という種には幅広い海藻が含まれています。

私たちが普段目にするのは「食用として流通しているもの」になります。食用として扱われるもずくは
・沖縄もずく(太もずく)
・糸もずく(細もずく)
以上の2種類です。

一方で「めかぶ」は「もずく」と異なり海藻の名前ではありません。「めかぶ」は、わかめの根元部分のヒダを湯通して細く切ったものをさします。そのため
・湯通しされている点
・最初から細いわけではない点
が「もずく」とは若干ですが異なります。

「もずく」と「めかぶ」では味わいや食感が違う

「もずく」の特徴は
・細長い形をしている
・ヌメリが強い
・口当たりがなめらか
・食感がつるつるとしている
以上の4つです。この特徴も相まって、特に「三杯酢」や「黒酢」といった「お酢」を使った「酸味のきいた味付け」が市販ではよく見られ、夏場に好まれる傾向があります。また、主な原産地である沖縄県では「天ぷら」にして食べられることも多く、冷温問わずいろいろな料理にアレンジが効く食材です。

「もずく」と「めかぶ」で比較した場合には、含まれている栄養やカロリーにも差があります。ここでは
・食物繊維
・炭水化物
・カロリー
以上3つの栄養素の100gあたりの含有量について紹介していきます。

まずは「もずく」の含有量です。
食物繊維 1.4g
炭水化物 1.4g
カロリー 4kcal

「めかぶ」の含有量
食物繊維 3.4g
炭水化物 3.4g
カロリー 11kcal

以上の数値からわかる通り「もずく」は圧倒的にカロリーが低いです。そのため、ダイエットや糖質制限には「もずく」の方が向いています。また「健康状態を気にしている」という方にも「もずく」がおすすめです。

「もずく」と「めかぶ」では値段と賞味期限に違いがある

「もずく」と「めかぶ」では値段と賞味期限にも違いがあります。「もずく」の場合、1パックあたりの値段は100円~128円ですが、「めかぶ」の場合には1パックあたりの値段が178円~198円となります。そのため、買う場所によっては「めかぶ」が「もずく」の2倍ほどの値段となっている場合もあります。次に賞味期限についてですが「もずく」は25日、「めかぶ」は10日ほどとされています。

「めかぶ」のほうが「もずく」より価格が高い理由として挙げられるのは「国内で輸入品のわかめが多く流通していること」です。「めかぶ」は、国内産のわかめを使って作られているため、原価自体が高く「もずく」と比べた場合、値段が高い傾向にあります。

また「賞味期限に差が出る理由」については「販売方法」に理由があります。「もずく」は一般的に「調味液に浸された状態」で販売されていますが「めかぶ」の調味液などは「別途添付」されていることが多いです。

この販売方法の違いの理由は「長時間調味液につかると黒っぽく変色する」という「めかぶの特徴」にあります。そのため調味液に浸された状態の「もずく」のほうが、賞味期限が長くなるわけです。

「もずく」と「めかぶ」はどっちがおすすめなのか

ここまで「もずく」と「めかぶ」の違いについて見てきましたが「どっちを食べるべき?」と悩んでしまう方もいると思います。結論から言うならば「もずく」がおすすめです。ここでは「なぜもずくがおすすめなのか」を
・コスパ
・ダイエット
以上2つの観点で解説していきます。

コスパ

コスパで見た場合には圧倒的に「もずく」に軍配があがります。前述した
・賞味期限の日数
・価格
2つの条件においても「もずく」のコスパが良いことが分かりますが「料理の幅」という点においても非常にコスパが良いです。「めかぶ」は基本的に
・和え物
・付け合わせ
・スープや煮込み
には使えるものの、料理の幅はそう広くないです。一方「もずく」は
・天ぷら
・スープ
・和え物
・チヂミ
などにも使えるため、料理の幅が広く、毎日食べていても飽きにくいです。

ダイエット

ダイエットには「もずく」がおすすめです。その理由として挙げられるのが
・コスパが良く毎日食べられる
・低カロリーなため、メイン料理のカロリーが抑えられる
以上の2点です。順に紹介していきます。

コスパが良く毎日食べられる

まず「ダイエット」に取り組む際の大きな壁は「毎日自炊をすること」です。そのため「安価な食材」を手に入れることがダイエットにおいては非常に重要です。また前述の通り、料理の幅も広いため「毎日酢の物」といった一辺倒になりにくく、飽きにくいです。さらに食感も良く「食物繊維」の腹持ちも良いため、ダイエットをするなら「もずく」をおすすめします。

低カロリーなため、メイン料理のカロリーが抑えられる

「めかぶ」に比べ「もずく」は非常に低カロリーなうえ、たくさん前述してきた通り「使える料理の幅が広い」という特徴があるため、メイン料理が一気に低カロリーになります。例えば「揚げ物は食べたいけどカロリーが…」という場合にも「もずく」の天ぷらであれば低カロリーにおさまります。そのため「ダイエットもしたいけど好きなものもある程度食べたい」という方には「もずく」がおすすめです。

まとめ

もずくとめかぶの相違点などについて紹介してきましたが、おわかりいただけたでしょうか。恐らく多くの人にとって初耳かと思います。もずくには前述してきた通り、含有している成分的にも良いところが多く、とても健康的な食材です。これを機に「もずくに興味がわいた」という方は、スーパーやコンビニで購入し、ぜひ一度食べてみてください。